忍者ブログ
完済人ドットコム トップページ 基礎知識 目的別検索 ランキング 特集
完済人ドットコム トップページキャッシング・ローン・消費者金融の基礎知識キャッシング・ローン・消費者金融用語集あ行アドオン方式

キャッシング・ローン・消費者金融用語集 アドオン方式(あどおんほうしき)

アドオン方式
(あどおんほうしき)

利息の計算方式で、あらかじめ元金/元本に対して貸出期間と所定の年利率を掛けて利息額を算出し、元金/元本と利息の総額を割賦回数で割って毎回の返済額を決めるもの。例えば、元金/元本=10万円、アドオン料率=月0.6%、返済回数=10回とすると、利息の総額は、10万円×0.6%×10回=6000円で、毎月の返済金額は(10万円+6000円)÷10回=10,600円となる。この場合、アドオン年利は、アドオン月利0.6%×12ヵ月=7.2%となる。 アドオン金利を用いると毎月の返済額、返済利息総額などが簡単に算出できるという利便があるが、アドオン方式は、元金/元本が割賦返済されるにもかかわらず、利息は減らないものとして計算されるので、実質金利負担は表面金利を大きく上回る。このため、消費者の誤解を生むおそれがあり、1972(昭和47)年の割賦販売法の改正では、アドオン金利の表示を禁止し、実質年利のみの表示を義務づけている。
PR