忍者ブログ
完済人ドットコム トップページ 基礎知識 目的別検索 ランキング 特集
完済人ドットコム トップページキャッシング・ローン・消費者金融の基礎知識キャッシング・ローン・消費者金融ニュース440万人がキャッシングできなくなる?

440万人がキャッシングできなくなる?

キャレントから借換え専用おまとめローン

キャレントから借換え専用おまとめローン キャレントから借換え専用おまとめローン

2009年7月01日(水) 14時43分

440万人がキャッシングできなくなる?

貸金業法の段階的施行で、この秋ぐらいから、消費者金融キャッシングできない人が続出してきそうです。


今回の目玉は、借り入れを年収の3分の1以内にしなくてはいけないという総量規制。すでにそれ以上の借り入れがある人については、借り入れが3分の1以下になるまで返済だけを続けていくことになる可能性があります。


具体的には、年収の3分の1を超えて借りている人は、キャッシングをしようとカードを機械に入れても、お金が出てこなくなります。


今までは、A社のカードがダメでも、B社のカードなら借りられたという人もいましたが、これからは会社ごとの限度額ではなく、年収証明を出すことでトータルに利用できる額が管理されますから、何枚カードを持っていてもそのトータルが年収の3分の1を超えていると、どのカードも使えません。


当然ながら、年収のない専業主婦は借りることができません。ただし、ご主人の同意があって、ご主人の収入証明や婚姻証明を提出し、ご主人の消費者金融からの借り入れが年収の3分の1以下だったら、余っている枠内で借りることはできそうです。ただし、ご主人がすでに年収の3分の1以上の借り入れをしてしまっている場合には、世帯で3分の1以下が条件なので、専業主婦の奥さんは借りることができません。


親兄弟や事実婚で籍を入れていない場合などは、合算は認められません。


日本貸金業協会によると、現在、消費者金融でお金を借りている人は1,000万人ほどいるそうですが、そのうち44%が年収の3分の1をオーバーしているようです。つまり、440万人も借りられなくなるということ。完全実施は来年6月ですが、この秋くらいから人によっては借りられなくなるはずです。


個人的には、なるべく借金はしないほうがいいと思いますが、いまのうちにおまとめローンなどで借金を減らしておいたほうがよいでしょう。

キャレントから借換え専用おまとめローン

PR